難関私大の受験対策は、親子の話し合いからスタート

今年、息子が家族で長年戦ってきたとも言える第一志望の難関私大に合格しました。振り返ってみると、中学受験の頃からこの戦いが始まったと言えます。子供1人の力だけではなく、親子で長い戦いを勝ち抜いてここまでやってきたのだと実感しています。
中学受験をしようと決意したのは、息子を将来国立大か難関私大へ入学させたいと思うようになってからでした。それまでの緩めの塾から中学受験対策専門の塾へと変更し、他のお子さんたちが遊んでいる中、どんどん勉強をさせる環境にしました。最初は息子も戸惑っていましたが、息子と将来のことをよく話し合い、国立大や難関私大に合格するには今からの勉強が重要なんだときちんと説明しました。息子もだんだんと理解するようになり、難関中学にみごとパスして入学すると、その学校の質の高さに将来が明るく見えてきた様子でした。
今思うと、中学受験の時にきちんと子供に理解してもらった事が、かなり受験対策に影響があったのだと思います。小学生くらいだと親の言うことを訳がわからず聞いているだけのお子さんが多いはずです。将来の難関大への受験対策には小学生でもきちんとした理解が必要だと思います。